税理士に相談したいと思ったら

086-244-5221

小規模事業者を得意とする税理士事務所です。

お知らせ/information

記事:カテゴリー別

アイコン

年内最後の畑仕事

2017年12月25日(月) カテゴリー:畑・農作業



この週末が年内最後の畑仕事だった。陽が陰るととにかく寒い。今年は寒くなるのが早すぎのように感じる。


デコポンには新高梨の袋をかけて、霜除けのネットをかけた。来年の1月に収穫だ。これがうちのサイクルでは最後の果物の収穫だ。


今の時期のメイン作業はモモの剪定だ。モモの作業ではこれが小生にとって一番難しい。モモ農家の人は予防(農薬撒布)が難しいというが。清水白桃の樹が一本、胴枯れ病にやられたらしく、せっかく育てたのに切ることになったのは大変残念だった。育つのに3年位かかるのだ。その根を取り除くのも大変な作業だ。


2月になったらの樹の剪定予定。柿の樹もあんなに沢山葉っぱがあったのに今ではツンツルテンだ。一方で、来年の実になる芽も出来だしている。この生命力みたいなものには感心させられる。


やりたい作業もまだまだたくさんあるが、仕事も一番立て込んでくる時期なのでしょうがない。やり残しがないようにして、年末には東京葛飾の実家に帰る。そしてまた来年も頑張ります。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして、他の写真もご覧下さい。

柿とユズ

2017年11月27日(月) カテゴリー:畑・農作業



秋の収穫が終わった。スダチの今季最大のものが97gった。温州ミカンなみの大きさだ。これぐらいになると一個で相当搾れる。これからはストックを毎日一個ずつかじるのだ。そのうちミカンのように皮をむくことが出来る。


ユズは今年強剪定をしたので、数は少ない。出来はいつも通りで上々。なかには大きいものもある。ユズは樹から切った瞬間にユズのいい香りがするのがいいね。


の出来もいい。11月の第3週と4週に取った柿が最高だ。今が小生にとって一番いい。柔らかいのが好きな人はもっと長く楽しめるので徳だ。うちでは10月の下旬頃から毎日柿三昧だ。ダンボール箱にストックしておいてドンドン食べる。


モモと柿の落葉拾い足腰がパンパンになる。スクワットよりある意味きつい。寒さも気にならなくなる。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして他の写真もご覧下さい。

スダチ収穫開始

2017年08月28日(月) カテゴリー:畑・農作業



この週末が8月最後の農作業。スダチの収穫を開始した。とりあえず100個くらい取った。ちょっと前までは果汁があまり絞れなかったが今はOKだ。いい香りがする。


も順調だ。今年はカナブンが少ないようだ。暑さのせいか?おかげで葉っぱがあまり食われていない。


デコポンもそれなりに大きくなってきた。一部に葉が黄色くなっている部分があるので心配だ。肥料が少ないとは思えないので、根が詰まっているのかもしれない。


暑い日が多いせいか、さすがにネコも床にゴロンとしていることも多い。しかし、赤とんぼが飛ぶようになったし、夜は虫が鳴きだすようになったので、夏の終わりも近いのだろう。日中の暑さも33℃位なら身体も慣れてきたようで辛抱できる感じ。とはいえ35℃は勘弁だわな。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして、他の写真もご覧下さい。

清水白桃収穫

2017年07月24日(月) カテゴリー:畑・農作業



この週末は清水白桃を中心に収穫。選果場では清水白桃の受付が始まったばかりだ。ちょっと青い気もするのだが、農協に出すのにはこれ位がいい感じ。


自分で食べる清水はもっと熟した黄色いやつだ。写真のように黄色くて大きい実を井戸水でさっと洗って丸かじりするのだ。


進物には向かない傷などがある実は、加工用に出す。缶詰などに使われる。簡単な箱に入れて出す。うちでも清水と白鳳を出してきた。食べたら旨そうなのに加工用とはもったいない話だが、仕方がない。白鳳も今が熟してきて旨い。


今の時期、夜になるとモモ畑には黄色い防蛾灯が灯っている。モモ畑の夏の風物詩だ。これが消えるとモモも終わりで夏のピークの終わりを感じさせる。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして、他の写真もご覧下さい。