税理士に相談したいと思ったら

086-244-5221

小規模事業者を得意とする税理士事務所です。

お知らせ/information

記事

アイコン

モモの袋かけ完了

2017年06月12日(月) カテゴリー:畑・農作業



畑は緑でいっぱいだ。モモの袋かけ終わった。疲れた。最終的に落とした実もそれなりに大きいので、いつもかわいそうな気がする。若木の夢白桃にも少し実を残して袋をかけた。個人的には清水白桃よりも夢白桃のほうが好きなのだが、受粉の手間があるのが難点だ。


デコポンの実もまだまだ小さいが原形が出来てきた。実の数は十分ありそう。


もヘタの部分と実の部分が明確になってきた。これからカナブンやイラガなどが来て葉を食べ出すので要注意だ。


梅雨の雨も困るが、陽射しの強いのも困る。サングラスは必需品だ。サングラスのおかげで脳が暑さを感じるのをごまかされるようだ。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして、他の写真もご覧下さい。

モモの袋かけ開始とツバメ

2017年05月29日(月) カテゴリー:畑・農作業




農作業はモモの袋かけ開始した。モモの作業の中では一番嫌いな作業だ。


袋は農協で売っている。100枚で一束だ。底が有るのと無いのがある。うちでは有るほうを使っている。


底が有るほうが、農薬が実にかかり難いし、虫類も入り難いからだ。一方で、収穫の時には袋の底を破いて実の熟れ具合を確認するので一手間余計にかかる感じだ。


まだ250個くらいしかかけてない。退屈な作業な上に、脚立に上って中腰の姿勢や身体をひねって行う作業も多いので全身筋肉痛だ。あるモモの専業農家が、うちは袋かけに2か月かかると言っていたがビックリだ。


ツバメは順調に育っている。みんな大きくなってきたので巣から落ちそうだ。夜には親鳥2羽は別の巣で休んでいる。来週には居なくなっているかも。それにしてもツバメの写真を撮るのはいつも結構難しい。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして、他の写真もご覧下さい。

モモの間引き

2017年05月07日(日) カテゴリー:畑・農作業


モモの予備摘果を開始。一本の枝に何個実を残すか、袋をかけられるか、実が大きくなったら枝に当たらないか等々を考えて間引くのだが、これが大変なのだ。袋かけの次に苦手な作業だ。落としても落としてもまだまだ実があるのだ。抑草シートに落ちた実は一部だが、数百個の実を残すために何個の実を落とすことになるやら。例年ゴールデンウィーク中のメイン作業だ。


まだ予備なので、これから仕上摘果があるのだ。そして袋かけ。まだまだやらなければならない作業がある。新緑が綺麗になったが、その分気候も暑くなってきたので大変だ。ネコも床に直接寝転がるようになったし。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして、他の写真もご覧下さい。

ツバメがきた

2017年04月24日(月) カテゴリー:畑・農作業



今年もツバメが巣を作った、というか既にある巣を使用している。予想だと今は卵を温めていると思われる。小生が長屋に入っていくと外へ逃げていくし、しばらくしたらまた入って来ようとしている。


モモは花が終わって実が出来始めている。来週には予備の間引きをしないといけなさそうだ。


桜とモモの花が終わった後に、うちでは八重桜が咲く。このボンボン感がいい。桜やモモの花にはない質量感だ。


カミさんが手入れをしているイチゴも白い花が咲いている。全然農薬を撒いてないが元気で生き残るので感心する。


もう4月も終わりに近いし、5月は仕事も畑も忙しくなるが両方頑張るべ。


フェイスブックでご覧の方は、下記の長いURLをクリックして、他の写真もご覧下さい。